Web構築運用の傾向

2014年現在の最新のWeb構築とサイト運用について、要点をピックアップします。
第一に、Web構築にあたってはスマートフォンとタブレット端末によるアクセスを前提にすべきです。
現在、不特定多数のWebの一般的な傾向として、少なくとも1割以上、多くは1/3程度、多いところでは半数以上が、パソコンではなく、スマートフォンからのアクセスによって閲覧されています。

ですからWeb構築の際に、いわゆるレスポンシブルデザインを導入し、端末によってデザインを自動調整し、スマートフォンからでも実用的かつ快適にアクセス出来るよう配慮することが重要です。
タブレット端末からのアクセスも増加傾向にあり、レスポンシブルデザインを導入する際には、スマートフォンと合わせてタブレット端末への対応を行うことが理想です。
こうなると社内で手作り感覚でWeb構築を行うのは困難で、プロによる業務代行を検討する必要があります。
第二に、綿密かつ手厚いサイト運用体制を構築する必要があるということです。
サイト運用には大きく分けて二つの側面があります。
一つはいわゆる不正アクセス等への対策で、サーバにウェブアプリケーションファイアウォールを導入したり、コンテンツマネジメントシステムを常に最新にアップデートしてセキュリティホールを塞ぐなどの配慮が必要です。

これらも社内で「ついでの仕事」として対応することは難しく、外部のプロへの業務代行を検討する必要があります。
もう一つは高い情報鮮度を維持するために、正規業務の中にウェブサイト運用をきちんと組み込んでおくということです。
これは、外部の業者に業務代行する場合であっても、コンテンツマネジメントシステムを使って内部で対応する場合であっても同様の配慮が必要です。
高い情報鮮度を維持しているサイトは、単に閲覧者の興味を惹き付けたり、閲覧者の利便性を高めるだけでなく、検索エンジンから高い評価を獲得し、コンテンツに含まれるキーワードでの検索が行われた際、検索結果の上位に表示されやすいのです。
かつては検索エンジン最適化(SEO)と言えば、外部からのリンクを増やしたり無理なキーワードの詰め込みを試みたりする手法が多用されましたが、現在はそういった行為は検索エンジンからペナルティを課される危険性が高く、今後は自然な言葉で鮮度の高い情報をこまめに発信することの方がSEO上の観点からも重要となります。

オススメリンク

売上を上げるためにネットショップ構築を利用するならこちらを参考にしよう:ネットショップ構築ツールで売上急増計画

Web構築依頼のコツ

インターネットサービスは、現在では広く一般から企業に至るまで利用されるサービスになっています。インターネットを…Read more

サイト運用の注意点

近年インターネットサービスが広がるにつれて、Webサイトを制作する会社が増えています。更なる事業拡大のため世界…Read more

関連リンク